神戸で開催!Web制作に関わる方のためのセミナーイベントCSS Nite in KOBE

CSS Nite in KOBE は神戸のセミナーイベントです

CSS Nite(シーエスエス・ナイト)はWeb制作や運営に関わるすべての方に有益な情報を届けるためのセミナーイベントです。参加するにあたって資格などはありません。
Web業界に興味のあるさまざまな方の参加をお待ちしています。

最新情報・お知らせ一覧

CSS Nite in KOBE, Vol.29 開催概要


タイトル


「UIデザイン捕物帖 〜デザインフェーズにおけるワイヤーフレームとの付き合い方〜」


開催日時・会場


2017年9月16日(土)14:00〜18:00
plug078 コワーキングスペース スタジオB(新神戸)


開催主旨


ウェブサイトを制作する際、ビジュアルデザインをどう決定し、どう進めていますか?
チームで案件に関わる場合や、規模によってはウェブデザイン全般をひとりでこなすフリーランスのデザイナーもいるでしょう。
いずれの場合も、ビジュアルデザインの大元になるワイヤーフレームを、クライアントの要望やコンテンツの内容にもとずいて描き、検討を重ねた上で全体、細部のデザインを作り込んでいくのではないかと思います。

ワイヤーフレームから実際のビジュアルに落とし込むときに問題になることがいつくかあり、多くのデザイナー、ディレクター、また発注側の担当者が経験したことがあるはずです。
ワイヤーフレームに関する諸問題にどう対処しているのかを探るセミナーイベントとして、都内版のCSS Niteで 9月30日(土)にCSS Nite LP53「ワイヤーフレームとビジュアルデザインの間の暗くて深い闇」が開催されます。

今回の神戸版では、都内版に先駆け、松田 直樹さん(まぼろし)を講師に「UIデザイン捕物帖 〜デザインフェーズにおけるワイヤーフレームとの付き合い方〜」と題しワークを交えじっくりと取り組みます。
松田さんは、Vol.11(2015年7月)に「これからのWebサイト設計 & SVG」という技術よりの内容で登壇いただきました。今回は、どういう思考プロセスで、ビジュアルに落とし込むのか、ワイヤーフレームから何をどう読み取っているのかを、聞いてみたいと思います。

おそらく人によって方法はさまざまで、正解のない内容ですが、第一線で活躍する、まぼろしのデザイナー松田さんの場合どうなのか、みなさん興味ないですか?

以下、松田 直樹さんからのコメントです。

---
ペルソナ設計、カスタマージャーニーマップ、ワイヤーフレーム、プロトタイプなど、実際のビジュアル制作を行うデザインフェーズに至るまでに用意される情報は多々あります。

「ワイヤー通りにデザインを起こしたら、なにか違う感じがする」
「ワイヤーから逸脱したら差し戻された」

...など経験があるのではないでしょうか。
デザインフェーズではこれらの情報をどう読み解き、どう付き合えば効率の良い制作ができるのでしょうか?

今回のセッションでは、ワイヤーフレームの存在意義の再確認やデザインに落とす際の判断の仕方などを忌憚なく紹介いたします。

ハンズオンでは、仮のワイヤーフレームを用いてグループ内で簡単なデザインを起こしてみましょう。グループ間での違いなどから「気づき」を得られるワークを目指します。

神戸の観光情報神戸の観光情報ページ



メールリスト登録はこちら!

過去の開催

このエントリーをはてなブックマークに追加